前へ
次へ

美容に良いことと悪いこと

女性なら誰しも綺麗でありたいと思うものですが、理想とは裏腹に美容に良くないことをしてしまっている人もいます。
日常的な習慣で、美容に良いことと悪いことを挙げてみます。
例えば洗顔において、熱湯を使う人がいますが、これは肌のために良くありません。
洗顔時は肌が乾燥しやすくなりますが、熱湯を使うとさらに乾燥が進みます。
洗顔はぬるま湯で優しくおこなうことが大切です。
次に洗髪後にありがちな事例です。
髪の毛をドライヤーで乾かすのは、髪にとって良くないと思って自然乾燥をしている人が見られます。
これは逆効果で、濡れた髪を放置しておくとキューティクルが開いたままの状態で傷みやすくなるのです。
さらに雑菌も増えて、フケや抜け毛の元になります。
ドライヤーでサッと乾かすことでキューティクルも締まり、美髪を維持できるのです。
このように、美容に関しては、習慣付けるべき常識と間違った知識があります。
間違った習慣の積み重ねは後悔の元です。
正しい美容知識を取り入れて、今より綺麗になりましょう。

Page Top